永い言い訳

西川美和さんによる小説、脚本・監督映画作品で、映画は本木雅弘、深津絵里という大物俳優が主演。

「大切な人を簡単に手放してはいけない」というセリフにたどり着くまで
とっても永い言い訳が続くのですが・・・。

妻を突然なくしたさみしさと向き合うことができない人気作家の役を演じるのが本木雅弘。
最初の何分かしかでてこないのに最後まで存在感のある人気作家の妻役を演じるのが深津絵里。

主人公がいろいろな出会いをきっかけに
自身と妻との関係を振り返り、妻との関係に後悔、反省していると感じさせられるシーンに、私はじーんとしました。

大切なひと、大切なものに、なぜ気づきにくいのかな。
当たりまえにありすぎるから、気づきにくいのかな。

気づけるひとになりたい。




[PR]
by moshimuku | 2018-04-30 21:33 | TV&Movie | Comments(0)

つれづれなるままに


by moshimuku
プロフィールを見る
画像一覧