カテゴリ:贈り物( 47 )

桃と湯町窯の器

b0278455_11471074.jpg
久々に休日らしい、休日かもー。
今日は久しぶりかもー、冷房をつけず、送風と扇風機で過ごせるなんて、嬉しい。
昨日掃除をしておいてよかった、今日はゆったりと好きなことをして過ごそう。

まずは「おめざ」に、友達にいただいた大好物の「桃」を頂きました!
先日出雲へ行ったときにみつけてマイ土産として買ってきたお気に入りの器にもって、ブルーベリーも添えて。

ランチにはお米を炊いて、これもまた頂きものですが京都の「ちりめん山椒」を食べようと思います!
納豆と卵、梅干し、あとは昨日の残り物も添えて。

そうそう、納豆は酢を混ぜると切れがよくなり食べやすいらしいです(NHKのがってんという番組で知りました)。ポン酢か梅干しと一緒でもよいのかな?チャレンジしてみます。




[PR]
by moshimuku | 2017-07-23 11:45 | 贈り物 | Comments(0)

財布の寿命!?

お財布にも寿命があるんですね。なんとなくくたびれてきたなとか、気に入った財布をみつけたら替えてきたのですが、そのタイミングが結果的にいい感じの時期だったんだなと知りました。

「財布」「寿命」「財布」「風水」などのキーワードで検索したら

寿命は1000日、3年周期で新調するのがよいようで

ボロボロ財布は、運気を下げるのでよくないため、3年未満でも、傷んだら新調したほうがいいみたいです

中古品、リサイクル品は避けたほうがよく、新品財布のプレゼントは金運アップだとか

また茶色の財布は土の象徴であるため、さまざまなものを育てるパワーに溢れているため、金運、仕事運、健康運、恋愛運などあらゆる運気を育ててくれるようです!

同じ時期ぐらいに財布を買い替えた友達とプレゼントしあうのがいいかもしれませんねー。
[PR]
by moshimuku | 2017-05-19 23:51 | 贈り物 | Comments(0)

パン豆

おともだちからステキな「おもたせ」、パン豆を頂きましたー。
愛媛県東予地方ではポン菓子を「パン豆」と呼ぶそうです。

甘いものがあまり得意でない私にとっても甘すぎず、食べやすく、飽きのこない味、
日本人だからなのかお米のお菓子がこんなにやみ付きになるなるなんて。

子供の頃、お母さんがお米を持っていって、ポン米(ポン菓子)を持って帰ってきて食べさせてくれたことを思い出しました。
とっても懐かしい大切な思い出を連れてきてくれた「パン豆」、また食べたい味です。

友人のセンスのよいセレクトに感謝です!!

通販もありますが、東京ではKITTEの4階にある中川政七商店や、TODAY’S SPECIAL 渋谷ヒカリエ ShinQ’s店、中川政七商店 ルミネ新宿店など、全国に多くの取り扱い店舗があります。





[PR]
by moshimuku | 2017-04-22 20:38 | 贈り物 | Comments(0)

サヨナラ

「さよなら」なんて言葉はめったに口にすることはないですよね、なかなか。
「さよなら」を決めるということはあっても。

さよならは別れの言葉じゃなくて
再び会うまでの遠い約束
夢のいた場所に 
未練の残しても
心寒いだけさ

このフレーズが頭をよぎります。

そしてこんなフレーズも

愛した男たちをかがやきにかえて
いつの日か 僕のことを想い出すがいい

さよならは新しい未来への始まりの予兆という意味合いもあるのかもしれない、
かなしいとかさみしいといった失うという意味だけでなく
新しいところへ向かうきっかけを与えてくれる
すてきな贈りものかもしれないと。


[PR]
by moshimuku | 2017-02-08 01:11 | 贈り物 | Comments(0)

giselle

ぷらぷらと歩いていて見つけたとってもかわいいポーチ。

そのポーチは、giselleというブランドネームのハンドメイド。

旅先の小さなお店や海外の蚤の市で見つけた布やパーツ、国内の記事やデッドストック、USAコットンなど様々な材料を組み合わせて制作販売されているものだとか。

旅好きな私は、材料の集め方にも興味関心を持ちましたー。
これは(↓)どこの国の布なんだろう、外側は片面づつ違う布を、内側にもかわいらしい黄色のチェック柄を、合計3種類の布と薄紫のファスナーがいい感じにコラボしており、かわいらしく目をひきました。

旅のたのしさを身近に感じられる私のhappyアイテムになっています!

b0278455_22582397.jpg



[PR]
by moshimuku | 2017-02-01 22:59 | 贈り物 | Comments(0)

夢久 muku

今年(2016)の私の誕生日に、「夢久 muku」という素敵なネーミングのワインをいただきました!うれしいことがあったら飲もうとまだいただいていませんが、飲める日が待ち遠しいです。
ナパバレーでの日差しを浴びて育ったソーヴィニヨン・ブランのレイトハーベスト(遅摘みの甘口白ワイン)。

完熟したブドウの収穫時期を遅らせると過熟状態になり糖度が高まり、甘美なワインが得られるのですね。






[PR]
by moshimuku | 2016-12-04 15:53 | 贈り物 | Comments(0)

勝沼ボジョレー!

b0278455_12592100.jpg
今日は山梨ワインのボジョレー解禁日です!

今年の夏に秋(ほんの少しだけど未来)のわたしへ
勝沼の白ワインボジョレーを予約したものが今日が届きました。

今の自分から未来の自分への贈り物、いいものですね。

今日は日比谷あたりで山梨のボジョレーイベントがやっていると思うのですが、
私はこのワインを持って後輩のうちで鍋パーティをする予定です。

あっ、そうそう私は最近はワインももちろん大好きなんですが、マッコリにはまっております。
ヘルシーアンドビューティ的(美肌効果、整腸効果あり)にも効くようなのでー、またこのことはブログに書きたいと思います。



[PR]
by moshimuku | 2016-11-03 14:07 | 贈り物 | Comments(0)

いい恋ってなんだろう?

わたしは電車に乗って中刷りをみるのがたのしみ(!?)というか習慣になっています。
今日もつり革に手をかざしながら目の前にある中刷りをいつもと変わらない感じで眺めていました。

「いい恋ってなんだろう?」という投げかけに、おもわずはっとさせられました。
そしてそこには、とっても素敵なポエム的なメッセージが書かれていたのです。

・・・失うばかりが、失恋ではありません
味わったことのない喜びや痛みさえも
これからの人生を豊かにしてくれるはず・・・

詳しくは「軽井沢高原教会」のホームページに載っていますので見てください。
とっても、とっても素敵なメッセージがたくさん掲載されています。
どきっとするメッセージや、気づきがもらえるメッセージや、恋をしたくなるようなメッセージに出会えます。


[PR]
by moshimuku | 2016-10-25 20:47 | 贈り物 | Comments(2)

自然からの贈り物

minne(ミンネ)でみつけました!
三重県のビーチで採取したシーグラス(ビーチグラス)を使って作ったタツノオトシゴのはり絵。

シーグラスは、ガラスの破片が波によって削られてできた海からの大切な贈り物。

長く長い旅を続けビーチに打ち上げられたガラスのかけらには海が持つ神秘の力が宿され、持つ人の願いを叶えてくれるといわれているようです。


人魚の涙Tears of Mermaidsともいわれているシーグラス。
モチーフのタツノオトシゴは世界各国で幸せのシンボルとされていてとても縁起のよいもの。

今年のマイバースデイプレゼントはこれに決まり、よい歳となりますようにと、願いを込めて。

b0278455_14361560.jpg

このはり絵を創作されたデザイナーさんのご厚意でいただいたシーグラスのリングもとても素敵です。




[PR]
by moshimuku | 2016-08-16 08:50 | 贈り物 | Comments(0)

目にうつるすべてのことはメッセージ

ユーミンの「やさしさに包まれたなら♪」が頭に浮かびます。

目にうつるものすべてがメッセージなんですよねー、
ちゃんと受け止めなくちゃ、そのメッセージを。
ちゃんと!

目にうつるもの、インプットが変わると意識が変わる、意識が変わると行動も変わる、行動が変わるとおのずとアウトプットも変わってくるんですよね。

変えようと思って変えたわけではないのですが、気が付いたら目にうつるものが変わってきている様に思います、ここ最近っ、とっても。

いろんな素敵な出会いに感謝です。

やさしさに包まれていると感じられる今日この頃。
同時にさみしさがじわじわと押し寄せてくる感がある今日この頃。








[PR]
by moshimuku | 2016-06-07 23:53 | 贈り物 | Comments(0)

つれづれなるままに


by moshimuku
プロフィールを見る
画像一覧