石つぶて

「石つぶて」は最近最終回を迎えたWOWOWのドラマで、2001年にあった外務省機密費流用事件が題材となっており、前代未聞の公務員犯罪の摘発に捜査2課の刑事が闘い、国民があまり知ることのできなかった外務省組織の犯罪の驚くべき一端が描かれています。

これは映画ではなくドラマでよかったと個人的には思いました、気になることが残された状態で次回の放映を待ち望む感じが癖になりました。

原作は読んだことはないのですが、ドラマのいろいろな描写から、丹念な取材を重ねられたものであることが想像できました。丹念な取材で有名なのは山崎豊子さんですが、清武 英利さんも記憶に新しい実話を大俳優の起用とリアルな表現、素晴らしかったです。

清武英利さんは、日本のジャーナリスト、元プロ野球チーム経営者、元読売巨人軍取締役球団代表を務められた方だとか。いろいろな経験が作品に活かされているんですねー。


スカパー!
冬の5大テーマ祭り「国内ドラマ」をもっと見る

[PR]
by moshimuku | 2017-12-30 21:50 | TV&Movie | Comments(0)