たたら侍

映画館で映画を観てきました、たたら侍を!

豪華なキャストに、奥出雲の景色が印象的な映画でした。

主役の青柳翔さんは恋愛やミステリアスなドラマの演技が印象的な俳優さんというイメージでしたが、この映画で時代劇もステキだなと思いました。

またEXILE HIROが映画初プロデュースということもあり、EXILEファンには観てほしい映画です!

映画館の大画面でみる、緑豊かな風景も素晴らしいので山陰ファンにも観てほしいです。

[PR]
# by moshimuku | 2017-05-25 00:20 | TV&Movie | Comments(0)

美保神社

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!

b0278455_21173427.jpg

先日、実家へ帰省した時に足を運んだ島根県松江市にある美保神社の境内で撮った写真です。

美保神社は全国にある恵比寿様の総本宮ということで、えびす神としての商売繁盛にご利益が有名ですが、漁業・海運の神、田の虫除けの神、「鳴り物」の神様としても信仰を集めているようです。

美保神社に祀られている神様は、出雲大社の妻と子なので、出雲大社と両参りをすれば、縁結びのご利益がさらに増すとも言われています。

また縁結びとは恋愛や結婚といった男女の関係だけではなく、あらゆる良縁を意味しているとのことですよ。



[PR]
# by moshimuku | 2017-05-22 21:16 | 夏の出来事 | Comments(0)

ジャッジ!





真剣勝負な仕事の現場シーンのなかに、笑いあり、恋もあり、感動もあり、ストーリーがとってもよかったです。

これを映画館でみてたら、声を出してわらっちゃってただろうなと思うコメディ映画らしいシーンもありましたが、泣いてしまったかもと思うような感動のシーンや、にやけてしまいそうになる微笑ましいシーンもあり、最後まで飽きさせない満足度の高い映画でした。

また、妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司をはじめとする超豪華なキャスティングにも感動しちゃいましたー。

[PR]
# by moshimuku | 2017-05-22 21:14 | TV&Movie | Comments(0)

財布の寿命!?

お財布にも寿命があるんですね。なんとなくくたびれてきたなとか、気に入った財布をみつけたら替えてきたのですが、そのタイミングが結果的にいい感じの時期だったんだなと知りました。

「財布」「寿命」「財布」「風水」などのキーワードで検索したら

寿命は1000日、3年周期で新調するのがよいようで

ボロボロ財布は、運気を下げるのでよくないため、3年未満でも、傷んだら新調したほうがいいみたいです

中古品、リサイクル品は避けたほうがよく、新品財布のプレゼントは金運アップだとか

また茶色の財布は土の象徴であるため、さまざまなものを育てるパワーに溢れているため、金運、仕事運、健康運、恋愛運などあらゆる運気を育ててくれるようです!

同じ時期ぐらいに財布を買い替えた友達とプレゼントしあうのがいいかもしれませんねー。
[PR]
# by moshimuku | 2017-05-19 23:51 | 贈り物 | Comments(0)



私は旅のともに、辻仁成作品である「人は思い出にのみ嫉妬する」を選びました。

この本とは旅先の情報を収集がてら図書館に行った際に出会いました。

表紙のピカソが描く女性に魅かれ、思わず手にとってしまい、うちに連れて帰ったことと
行きと帰りの飛行機の中で読み終えることができるくらいのボリュームが、私が旅のともとして選んだ理由になります。

この物語は実話をベースにインタビューを重ね小説として仕上げられたものでした。
私はあとがきを読んでそのことを知るのですが、なぜか実話と知ったとたんに、私のなかから、得たいのしれない感情がこみあげ、走馬灯のようにいろいろな思い出が勢いよく目の前をかけ走りました。旅に出る前に部屋を片付け、いわゆる断捨離を物理的にはしたのですが、「思い出」はまだしっかり残っていました、心に記憶に頭に。

嫉妬という生き物は死ぬことはなく、現実世界に生き続ける、魔物であり、どう折り合いをつけていくのかが常にむずかしく、時には自分にエネルギーを与えてくれる不思議な存在でもあったことを・・・。この小説を読むことで、感じ、整理できたことがありました。また精神的な断捨離の手順としては、いきなり切り離すことではなく、いったん離れるというか距離をとることなのかなと、そこから見えてくる関係をどうしたいのか、自分なりに考える機会をあえてつくるところからなのかなと思ったりもしました。

たまには小説もいいですね!

[PR]
# by moshimuku | 2017-05-15 21:51 | Book report | Comments(2)

つれづれなるままに


by moshimuku